日本に肥満が少ないワケ

日本栄養士会会長、中村丁次先生と国立健康法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所所長の津金昌一郎先生との対談、第2弾!

日本食の欧米化は、戦後の低栄養を克服するのに大きく貢献しました。
また、さまざまな病気に罹るリスクを減らしたといいます。
それだけではありません。
日本は先進国のなかでも肥満が少ない国として知られています。
日本食の欧米化はどんな病気のリスクを軽減させたのか?
日本に肥満が少ないのはなぜか?
ふたりの議論から見えてくる!

【津金昌一郎先生の関連論文】

下記をクリックすると詳細ページに飛びます。

いずれもフリーでアクセスできます。
英文総説:Tsugane S. Eur J Clin Nutr. 2021 Jun;75(6):921-928.

日本語総説:津金昌一郎、フードシステム研究第27巻3号 2020年

多目的コホート研究HP

【関連記事】

健康的な日本食の価値とは?

【中村丁次著書『中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション』(第一出版)】


詳細をみる

【『臨床栄養学者中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション』英語版(Springer社)】

詳細をみる

中村丁次

公益社団法人日本栄養士会会長。神奈川県立保健福祉大学学長。
徳島大学医学部栄養学科卒業後、聖マリアンナ医科大学病院に勤務。その後、東京大学医学部より医学博士取得。神奈川県立保健福祉大学教授・栄養学科長を経て、2011年より学長。「欧米の科学と日本の食文化を融合した戦後の栄養政策と食事のあり方(=ジャパン・ニュートリション)」を高く評価し、それを世界に広めることが、持続可能な地球環境につながると提唱している。『中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション』(第一出版)他、著書多数。